異業種の異性とイククルで出会いました


私はSEの20代男性です。大学時代は文化研究部と言うかなりマイナーなサークルで活動していました。しかし、女っ気がなかったかと言われるとそうでもなく、サークル内の姫と呼ばれる子と卒業後半年くらいは付き合っていました。別れた理由は、夜遅くになってしまう帰宅時間からあまり相手をすることができなかったことに原因があり、さらに食べ過ぎ・動かなすぎで私の体型がすごく大きく太くなってしまったことに彼女が嫌気がさしていたことでした。私としては就職して学生時代よりも奮発していろいろな美味しいところに連れて行ってあげていたのでとても良いことをしているつもりだったのですが、彼女はそんなコース料理の気取ったところよりもファストフードで良いから二人の話をしたいという気持ちだったようです。
その場で言ってくれよと思いましたが後の祭りです。どうしようもなくお別れへの道を歩んでいきました。
その後5年間彼女ができず、社内の同僚にあたってみましたがなしのつぶて。同僚は男性だけで、社内にいる女性と言ったらおばちゃんばかりです。仕事は性分に合っていると感じたので転職は考えなかったのですが、いかんせん異性との出逢いがないままだとこのまま独身貴族の仲間入りだなと自嘲気味に考えていました。実際に先輩社員の独身率は5割程度とかなり高く見えました。
そこでネットで出会い系の検索をしてみたところ、イククルのサイトに行き当たりました。その当時は彼女が欲しい一心だったのでどこでも良かったのですが、結果的にはこれが功を奏し、すぐに女性とのやり取りが始まりました。
3人と会うことに成功しましたがイマイチ馬が合わず、そのあとにメッセージをやり取りした子と付き合うことになりました。彼女は食品系の商社に勤めており、私同様デスクワークが多いことから体型の崩れが気になっていると明かしてくれました。実際に会ってみるとその通りなのですが、まぁ隣にいたらお互い様だから気にならないよね、という楽観的な結論になり、今では正式にお付き合いしています。普通に生活していたら出会えない人と出逢えるのが出会い系の良いところだと感じます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。