イククルでの体験談


私は土木作業員です。30代です。当時の私には付き合っていた彼女がいましたが、別れました。理由は、私が喫煙者だということと、今後の生活を考えたときに結婚は考えられないと告げられたことでした。私は高校卒業後すぐに現場に就き、そのまま今に至るような生え抜きの現場の作業員なのでコミュニケーションの手段の一つとしてタバコは欠かせません。また、そんなに低くないと想われる手取りの給料も、彼女にとっては少なく見えたらしく、結婚が無理なら別れた方が良いとの結論に至りました。当時かなりその件で荒れて、後輩や職場にも迷惑をかけてしまいました。申し訳ないです。
そんな私が精神的に復帰できたのは、後輩からの飲み会の誘いでした。初めて会う女性たちでドキドキしましたが、後輩に聞くと、後輩自身も会うのが初めてなんだとか。どういうことかと聞いてみると出会い系サイトで幹事役の子と繋がって、そこから芋づる式に友達の女子を引っ張ってもらい、飲み会を開催させることに成功したとのこと。正直その時の相手メンバーには魅力を感じず、飲み会が終わるとそのままフェイドアウトという感じだったのですが、恋愛に積極的な姿勢の後輩に感化されて私も出会い系をやってみることにしました。後輩に教えてもらったイククルです。
最初はプロフィール登録だけ行うつもりでしたが、段々気分が乗って来て登録初日にメッセージを送るところまで行ってしまいました。送信相手は年下でした。
メッセージのやり取りをしていると、彼女がプロフをごまかしていたことに気づきました。若いけどシングルマザーのトラック運転手でした。ごまかすとまでは言いませんが巧妙に隠していたという感じです。今思えば「やられた」と苦笑いですが。
お互いそんな障壁は乗り越え、メッセージのやり取りだけでは飽き足らず近くで会うことになりました。彼女は大きいトラックに乗っているのですが小柄でよく気が付き、とても良い子だなぁと思いました。お互いヘビースモーカーでタバコも気になりませんし、とても趣味が合うのです。エッチも互いに大好きですし」、最高の人を見つけたと想いました。
今度は子供にも会ってみようという話になっています。ひょんなことから運命の出会いに繋がりました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。